逆流性食道炎患者が症状と治療克服の仕方をアドバイスします。原因や辛い症状の改善についても分かりやすく解説。逆流性食道炎の治療方法や克服の仕方をわかりやすく徹底ガイド!

逆流性食道炎のメカニズム

逆流性食道炎のメカニズム

どうして逆流性食道炎になってしまうのでしょう。
ここでは、逆流性食道炎のメカニズムについて、わかりやすく解説していきます。

逆流性食道炎というのは、胃液が食道に逆流し停滞することで、食道内が傷つけられて
炎症を起こしてしまう病気です。

「なぜ、胃は大丈夫なのに食道は大丈夫じゃないのか?」と思いますよね。

というのも胃は胃壁から分泌される粘膜によって保護されています。しかし、食道は
そうした機能がないため、胃液が逆流することで食道内に炎症が起こってしまうのです。

このため、食道には胃液の逆流を防ぐための機能が多く備わっています。

胃液が逆流する原因は単純に言えば、この機能の低下によるものが大きいのです。


逆流防止機能とはどういうものがあるのか・・・

[check] 食道括約筋

食道には上部と下部に括約筋があり、通常、食べ物が通るとき以外は閉じており、消化液などの
逆流を防止しています。

しかし、加齢などが原因で力が衰えてくると、下部食道括約筋の閉まりが悪くなり、
食べ物が通るとき以外もゆるいんでしまい開きがちになってしまうことで、胃液が逆流
しやすくなり、さらに、食道に胃液が停滞しやすくなるので逆流性食道炎になりやすくなります。


[check] 食道裂孔

食道は横隔膜にあいた孔(あな)を通っており、その孔(あな)を「食道裂孔」といいます。
この「食道裂孔」も食道の下部を閉めつけて逆流を防止しています。

正常な場合は、下部食道括約筋と食道裂孔で食道の下部を閉めつけているのですが、
食道裂孔がずれてしまい、正常に機能しない場合があります。この食道裂孔がずれることを
「食道裂肛ヘルニア」といい、これになると、食道下部の閉めつけがきちんと行なえなく
なるので、胃液が逆流しやすくなります。


[check] 胃のヒス角

胃にはヒス角という部分があるのですが、このヒス角も胃液を逆流しにくくしています。


[check] 食道の「ぜん動運動」による押し戻す機能の低下

食道は普段は平たくつぶれているのですが、食べ物を食べると、食堂の上部が開き
上から下へと食べ物を胃に送り込んでいきます。これを「ぜん動運動」といいます。

この「ぜん動運動」は食べ物を胃へ送り込むだけでなく、胃液の逆流を押し返す運動もしています。

通常はこの押し返す運動があるので、胃液の逆流を防いでいるのですが、この力も
老化とともに弱くなっていき、逆流してきた胃液が食道に停滞してしまうことで
逆流性食道炎になってしまうのです。



逆流性食道炎コンテンツ一覧



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional