逆流性食道炎患者が症状と治療克服の仕方をアドバイスします。原因や辛い症状の改善についても分かりやすく解説。逆流性食道炎の治療方法や克服の仕方をわかりやすく徹底ガイド!

逆流性食道炎に効く市販薬とは・・・

逆流性食道炎 市販薬

逆流性食道炎の患者さんが気になることに市販薬は効くのか?

という疑問があると思います。

しかし、知っておいて欲しいのは逆流性食道炎を根本から改善するためには
薬による治療だけでは不十分だということです。

私も薬を飲むことで一時的に症状を改善することができたのですが
ストレスなどの原因により年に何回かは逆流性食道炎の症状がでていました。

そんな、私が逆流性食道炎を根本から改善することができた方法があります。

それは、『病院で処方される薬を飲むことなく逆流性食道炎を根本から改善する』
というコンセプトの治療法で一般の書籍には書かれていない方法です・・・詳しくはコチラ


市販薬について

今では逆流性食道炎市販薬は薬局などで購入することができます。

市販薬にも様々な種類があり、胃の粘膜を丈夫にする胃粘膜保護薬や病院でも処方される
H2ブロッカーなどがあります。

薬局には薬剤師さんがいるので、逆流性食道炎市販薬を購入する場合は、薬の説明を
詳しくしてもらうといいでしょう。


効果的な逆流性食道炎の市販薬について

逆流性食道炎の市販薬として効果が期待できるのは、
病院でも処方されているH2ブロッカーの『ガスター10』でしょう。

ちなみに病院ではさらに強力な『ガスター20』だったかな・・・


薬局で販売されている市販薬の中では『ガスター10』が逆流性食道炎には
有効だとは思うのですがそれでも病院で処方されるプロトンポンプ阻害薬(PPI)
に比べると効果は落ちてしまいます。


さらに薬局で逆流性食道炎市販薬を購入すると、もちろんのことながら
保険が適用されないので、効果がある『ガスター10』は価格が高いです。

その他にも胃の粘膜を丈夫にする胃粘膜保護薬などがありますが、H2ブロッカーや
病院でしかもらうことができないPPIに比べると効果は落ちてしまいます。


また、危険なのが自己判断のみで逆流性食道炎市販薬を服用することです。

というのも、万が一、危険な病気になっていたとしても気づかないからです。


市販薬である『ガスター10』を服用することで、胸焼けなどの症状は改善することが
できますが、もし重い病気に気づかずに市販薬で症状を抑えていて病気の発見が遅れてしまうと
大変なことになってしまうかもしれません。


なので、まずは市販薬を服用する前に、病院できちんと検査をしてもらい、症状の原因が
逆流性食道炎しかないのであれば、市販薬で症状を改善するのはいいと思います。


といっても病院で第一選択薬となるPPIは薬局では販売されていないので
もし薬で治療をするのであれば、私は市販薬ではなくPPIをオススメします。


というのも、PPIは逆流性食道炎に有効な市販薬である『ガスター10』と比べても
副作用が大きいなどといった心配はなく、『ガスター10』よりも効果があるので、
どうせ薬を飲むのならPPIを服用したほうがいいと私は思います。



しかし、市販薬だけでは逆流性食道炎の根本的な改善につながらないって知ってましたか?

改善するためには生活習慣など多くの逆流性食道炎になる原因を見直して
いく必要があるのです。


◆ 管理人が逆流性食道炎を改善した体験談はこちら

私は約3年間、逆流性食道炎で辛い経験をしました。

実際に逆流性食道炎になったことことがない人にはわからないかもしれませんが

ご飯を食べたらあの辛い症状が待っている」と思うと本当に辛いんです。

そんな、私が逆流性食道炎を根本から改善することができた方法があります。

それは、『病院で処方される薬を飲むことなく逆流性食道炎を根本から改善する』
というコンセプトの治療法で一般の書籍には書かれていない方法です・・・詳しくはコチラ


逆流性食道炎コンテンツ一覧

  • 逆流性食道炎 薬
    逆流性食道炎の薬について基礎知識をしょうかいしています。薬といっても薬局で購入できる市販薬から・・・
  • 逆流性食道炎の手術
    逆流性食道炎は手術をするべきか・・・日本では手術になることは少ないようです・・・



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional